過去の講演・講座・セミナー

H30年度 遺伝学講座・みしま     -大好評で終了しました- 

あいにくのお天気でしたが、140名を超える方々にご参加いただけました。

  

遺伝学講座 チラシ
A4web用.pdf
PDFファイル 402.5 KB

今年はヒトの遺伝子に関する講演を2つ聴くことができます。この機会に生命の不思議、遺伝について学んでみませんか。    

 

日時:平成31年 3月 3日 (日)  

   開場午後1時、開演午後1時30分~午後4時

会場市民文化会館:小ホール

  

講演内容 

目に見えない細菌の世界

     ~ヤツらはどこに居て何をしているのか?~

 講師:黒川顕氏(国立遺伝学研究所教授)

しっぽはどうやってできるのか?

     ーマウス遺伝学で解き明かす体の不思議

 講師:相賀裕美子氏(国立遺伝学研究所教授)

 

 

 


8年ぶりのサイエンスカフェ 

"寺deサイエンス”を開催!         -大好評で終了しました- 

 

 

定員40名のところ、大幅に超える66名の方々からお申込みがありました。

蓮馨寺様の御厚意により、皆様のご参加が可能となりました。

 

歴史あるお寺の本堂で、最先端の生命科学を身近に感じ、先生方との対話を楽しんでいただけました。

 


定員数を超える70名近い方々が参加され、大変盛況でした。

日時 :平成30年10月19日(金曜日) 19:00~20:30

                 (受付:18:30~)

場所 :君澤山 蓮馨寺(三島市広小路町1-39)

講師 :五條堀孝氏(国立遺伝学研究所名誉教授、

         KAUSTディスティングイッシュトプロフェッサー

          遺伝学普及会代表理事)

      ”紅海の海は青かった!”

         (サウジアラビアからの海洋生命科学研究報告)

    小林武彦氏(東京大学教授、日本遺伝学会会長、

          遺伝学普及会代表理事)

      ”ハダカデバネズミに学ぶ長生きの秘訣”

対象 :サイエンスに関心のある一般の方 

定員 :40名(応募者多数の場合、抽選)

参加費:1000円

   

 

申し込み先:公益財団法人遺伝学普及会 事務局まで 

 ①氏名 ②性別 ③住所 ④電話番号 

 を明記の上、メール・はがき・FAXでお申込みください。電子申請も可能です。

 


   〒411-8540 三島市谷田1111

   電話:055-981-6857

   FAX:055-981-6877 
   メール:genetics(a)nig.ac.jp    

        ※(a)は@に変換ください


寺deサイエンス チラシ ②.pdf
PDFファイル 507.6 KB
趣意書.docx
Microsoft Word 18.9 KB

H30年度「夏休み子ども遺伝学講座」    -大好評で終了しました- 

 ~スマホ顕微鏡でみる、遺伝学で活躍する小さな生き物~

 

の楽しい様子をご覧ください。 

小学4年生~6年生 26人が参加しました。

 

研究用の顕微鏡を使って、線虫の細胞分裂生中継をみながら、スマホ顕微鏡を実際に使い、

・プラナリア

・ゾウリムシ、ワムシ、アルテミア

・イネ(変異株含む3種)

・ショウジョウバエ(変異株含む)

・ゼブラフィッシュ(変異株含む)

を観察し、何が違うのかを観察しました。

 


日時 :平成30年7月31日(火曜日) 9:30~12:00

場所 :国立遺伝学研究所 本館3FA316

講師 :木村 暁 教授(国立遺伝学研究所)

対象 :市内小学校4~6年生

定員 :30名(応募者多数の場合、抽選)

持ち物:筆記用具

   (※使用する端末、顕微鏡は主催者側で用意)

 

申し込み先:三島市政策企画課

     『夏休み遺伝学講座』係まで 

 

  電話・メールのいずれかでお願いします。
  7/17(火)までに 

   ①氏名 ②学年 ③住所 ④電話番号 

 をお伝えださい。


   〒411-8666 三島市北田町4-47

   電話:055-983-2616  
   メール:seisaku@city.mishima.shizuoka.jp


H30年度 夏休み子ども遺伝学講座 チラシ
夏休みチラシ.pdf
PDFファイル 232.1 KB

H30年度遺伝学講座・みしま     -大好評で終了しました-

 

 

日時:平成30年 2月 4日 (日)  開場午後1時、開演午後1時30分

会場:市民文化会館:小ホール

 

 〇生命科学の分野で最先端の研究成果をあげる教授陣が市民向けに講演します。

 〇「ヒト」をテーマに2つの講演を実施します。

 

講演内容 

①食べ物は体の中でどうなるか-遺伝子と代謝-

②遺伝でわかることわからないこと

 

講師 

①有田正規さん (国立遺伝学研究所教授)

②井ノ上逸郎さん(国立遺伝学研究所教授)

 

申込み・問合せ 1月31日(水)までに、電話、FAX、電子メール

のいずれかで、氏名、人数、連絡先を政策企画課

983-2616、FAX:973-5722

 E-mail : seisaku@city.mishima.shizuoka.jp)へ

 

※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

H29年度「夏休み子ども遺伝学講座」  -大好評で終了しました-

 ~お米が実るようすを観察しよう~

 

の楽しい様子をご覧ください。 

 

小学4年生~6年生 20人が参加しました。

稲が開花したあと、雌しべがどのように変化するかを実際に取りだし、実体顕微鏡を用いて観察しました。

 

小学4年生~6年生 20人が参加しました。

稲が開花したあと、雌しべがどのように変化するかを実際に取りだし、実体顕微鏡を用いて観察しました。

 

29年子供遺伝学講座.pdf
PDFファイル 960.8 KB

H28年度「夏休み子ども遺伝学講座」  -大好評で終了しました-

やさしいアリ教室(きょうしつ) ~アリの不思議(ふしぎ)・アリの智恵(ちえ)~ 

 

の質問コーナーと野外でアリの巣を観察している様子をご覧下さい。

28年7月27日(水)に開催され「夏休み子ども遺伝学講座」 終了しました

 

80名の応募があり、今井弘民先生のご厚意で全員が参加できました。

 

日時:平成28年7月27日(水曜日) 9:30~11:40(予定)

場所:国立遺伝学研究所 ゲストハウス 2階セミナー室

講師:今井 弘民(元国立遺伝学研究所助教授)

対象:市内小学校3~6年生

定員:40名(応募者多数の場合、抽選)

  

遺伝学講座・みしま    -大好評で終了しました-

 

 

日時:平成27年 10月 17日 (土)  開場午後1時、開演午後1時30分

会場:市民文化会館:小ホール

 

遺伝学の最先端にふれる。生物や植物の進化の謎をとく。

 

遺伝学や生命科学の分野で最先端の研究成果を世界に発信し続けている

国立遺伝学研究所の先生が、最新の研究についてわかりやすく解説します。

 

講演内容 

①遺伝学で野生ネズミを慣れさせよう~行動遺伝学で解き明かす動物家畜化のしくみ~

②お米の来た道いく道~イネ遺伝研究にみる温故知新~

 

講師 

①小出剛さん(国立遺伝学研究所准教授)

②野々村賢一さん(国立遺伝学研究所准教授)

 

申込み・問合せ 10月13日火までに、電話、FAX、電子メール

のいずれかで、氏名、人数、連絡先を政策企画課

983-2616、FAX 976-3155、E-mail : seisaku@city.mishima.shizuoka.jp)へ

 

※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

H27.10.17 遺伝学講座チラシ.pdf
PDFファイル 655.7 KB

H27年度「夏休み子ども遺伝学講座」 -大好評で終了しました-

”手作り顕微鏡でミドリムシを観察しよう” の楽しい様子をご覧下さい。

 

 

122名の応募があり厳正な抽選の上、30名の方が決定し、結果を応募者全員にお知らせしました。

なお、抽選に外れた方にも、講師の有田先生のご厚意により下記の品をお送りしました。

 

・ペットボトル顕微鏡の作り方(Canonホームページより)

・ガラスビーズの入ったチューブ(2個入り)

・ミドリムシの入ったチューブ(液は無害です)

 

日時 : 平成27年 8月4日 火曜日  9時30分~11時30分 (予定)

会場 : 国立遺伝学研究所 

 対象 : 市内小学校 3年生~6年生

         定員:30人(応募者多数の場合は抽選)

 

 

What's New

2019年7月12日(金)

国立遺伝学研究所創立70周年記念

公開講演会

開催します。

NEWS LETTER VOL.3(2019) 

作成しました!

平成31年3月3日(日)

「遺伝学講座・みしま」

実施しました。

 ◆平成30年7月31日(火)

 「夏休み子供遺伝学講座」

実施しました。

◆全面改定版「遺伝研のさくら」冊子

 販売中です 

遺伝学普及会研究助成

研究助成(海外渡航費)募集内容

研究会等助成費募集内容

◆研究会等助成費報告書

生物多様性データベース

関連リンク